top of page
  • SATOKOSU

YouTubeの視聴回数を伸ばしたい!ブラウジングを高めるには?

更新日:2023年2月14日

今やYouTubeチャンネル成長、個々の動画の視聴数を伸ばすには必須のブラウジング機能


ブラウジング機能とは、YouTubeからおすすめ動画として様々なユーザーのホーム画面に自分たちの動画を表示してくれる機能。この威力がすごい!Googleでこの機能について検索すると、クリック率4~5%、視聴者維持率40%以上、などがブラウジングが高くなる条件と記載されていたのですが、果たして実際のところは、どうなのか。



実際、運用中のビジネス系チャンネルでのデータから


現在、運用中のビジネス系チャンネルを見ると新動画を公開後、3~4時間程度で表示される初動クリック率が13%~19%、視聴者維持率40%以上ある場合、恐ろしいほどにこの機能が炸裂する場合があります。(例としては1時間に1000~5000回視聴等)それだけたくさんの人へおすすめ動画として表示してくれる訳ですが、それでもなおクリック率が高い状態が続けば、数万回、数十万回に至る迄、続くケースもあります。


嬉しい機能ですよね。この機能を如何に使えるか、が現在のYouTube運用においてキーポイントになるわけです。視聴者維持率の高い動画、クリック率が高くなる動画タイトル・サムネイル、さらにチャンネル回遊率を高める仕組みをつくる、が最重要というわけです。



ググった際の基準「クリック率4%」では?


ちなみに上記に限らず、クリック率8%以上、視聴者維持率40%以上でもこのブラウジングは働いてくれますが多少、規模が落ちる程度です。ググった際に記載のあった基準「クリック率4%」では、当方で運用中のチャンネルにおいては、ほぼ機能しませんでした。もしかするとチャンネル登録者100万人超えなどのチャンネルにおいては、4%でも大きく機能するのかも知れませんね。



新規動画において成功・失敗の基準


私共で現在、運用中のビジネス系チャンネル(チャンネル登録者4000~5000人規模)においては初動クリック率7%以下は失敗と判断しています。動画タイトルやサムネイル、ネタの公開時期によりこの失敗が起こるわけですが都度、どのような理由で伸びなかったのかさえ、しっかり検証・把握しておけば次の改善につながるので前向きに捉えます。YouTubeは常に検証の継続ですから...。


以下はブラウジングで一気に動画が伸びていく例です。新規動画公開後、3~5時間後に一気に、又は23時間後に一気に、など動画の状況により様々です。


 

①こちらは、新規動画公開後、数時間で一気にブラウジングが伸びた例



②こちらは、新規動画公開から20時間経過後、一気に伸びた例


YouTubeチャンネル伸び悩み無料相談


私共では、お客様のYouTube運用、ユーチューバー育成プログラムによりあらゆる検証を日々、重ねております。YouTubeを始めたい、一気にチャンネルを伸ばしたい、ユーチューバーになりたい、そんな皆様へ向け、まずは無料相談をお受けしておりますのでお気軽にご相談下さい。現在、伸び悩んでいるチャンネルの診断もさせていただいております。



ではではハッピーライフを!


Comments


bottom of page